コラーゲンを活性化させる脱毛法でシェービングの悩みを解消

記事リスト

双方で痛みは異なる

女性

痛さに違いが出る理由

脱毛サロンと脱毛クリニックでは全身脱毛を受けられますが、施術時の痛みは双方で異なります。サロン系はレーザーの出力を落として照射するため、基本的にそれほど痛くありません。それに対してクリニック系は、医療機関専用の高出力レーザーを使用するので痛みも強くなっています。その代わり威力が高いのでほぼ1度の施術で毛根を根絶できるなど、脱毛効果はサロン系より優れているのが特徴です。また、殆どの脱毛クリニックではカウンセリングの時に試し打ちなどが受けられるため、自分の肌で実際に痛みを確認してから全身脱毛を申し込めます。ただしクリニック系では、表面麻酔や吸引式の笑気ガスなど、何らかの麻酔をオプションで用意していることが少なくありません。なので医療機関である脱毛クリニックなら、希望すれば痛みを抑えて全身脱毛を受けられる訳です。とくに笑気ガスはリラックス効果も得られるため、痛みへの緊張感が取れ、心も非常に穏やかになります。このほか、脱毛レーザーは色が濃い部分で作用する仕組みなので、毛が細くて密度が低い部位より、毛が太くて密度が高い部位の方が痛みを感じやすいのです。このため、女性より剛毛で毛深い男性の方が痛みやすい傾向があり、同様の理由から、日に焼けて肌の色が濃い人ほど痛いと言われています。そして、むこうずねの部分は皮下脂肪が少ないので、全身脱毛の中でも意外に痛い部分とされているのです。しかしながら、痛みが強いクリニック系でも、肌を輪ゴムで打つ程度の場合が多いため、原則として耐えられない痛さではありません。